よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

抜歯後の苦難

去年の秋に上顎の歯茎がひどく腫れ上がったのをきっかけに、歯科の通院を相当久しぶりに再開した。
真摯で優しい医師や衛生士さんたちのおかげで歯科への恐怖感は少しずつ和らいでいき、歯のメンテナンスや治療が進んでいる。

先週の金曜、いよいよ三本目の親知らずの抜歯をしてもらった。
抜歯中、頭の上を物騒な単語が飛び交うので、前日公開されたばかりの岡崎体育のうんぱっぱーのぶんぶんを脳内でシャウトし、がんばって情報を遮断し続けていた。
終了後作業台に目をやると、やるせなく散乱する道具、いくつかに割れた親知らず、赤い色が点在するガーゼ、縫合用の黒い糸の余りが物騒さをさらに物語っていた。
先の二本と比べ物にならないぐらい、痛みをともない相当腫れ上がることを予め告げられていたが、こんなにもつらいものだとは………

恐らく個人差があるだろうけど、痛みで夜中に目が覚め眠れなくなったり、腫れがひどいので鏡を見るたびにおやつのカールのCMソングが脳内再生されたりする。
気休め程度に効いている痛み止めの薬は別のところで作用しているのかと思いたくなるほど気分が朦朧とするし、何よりも食欲が湧かない。

はやく腫れが引かないかなぁ……

広告を非表示にする