読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

はじめてのハフラ主催:反省

先日はじめてハフラを主催しました。
ハフラとはベリーダンスでは小規模の発表会のことです。
今回は最後のレッスンの日にいつもお世話になっているスタジオで、先生とのお別れハフラをしました。
先生にもみなさんにも喜んでいただけて心からうれしく思いました。

打ち合わせやスケジュールのすり合わせ、進捗報告はFacebookノートやLINEのチャットを利用してすすめることができました。便利。

イベントを主催すると勉強になるといろいろなかたからお話を聞いていまして、実際本当にそのとおりで経験できてよかったと思いました。が、掃除の件では今回お借りしたところにご迷惑をおかけしてしまいお詫びしてもしきれないほどです。

今回のハフラは関係者だけでみなさまに温かく見守っていただきましたが、今後懲りずにハフラを催すためにはもっともっと進歩したいです。反省しなくてはならない点もあるので記録します。
もし、何かのご縁ではじめてハフラを主催しようとしているかたの目に留まり、お役に立てたらとても幸いです。

■ひと:

  • 出演者全員持ち込む衣装や化粧や小道具については前もって尋ねるべきだった。※ラメ問題として後述。
  • 掃除に協力できるできるかたを前もって募っておけばよかった。そして自ら残ってくださったかたたちにお礼をする余裕がなかった。
  • 遠くから来る人の移動時間や終電時間は頭にいれておきたかった。
  • お礼とお詫びは鮮度が大切だと痛感。

■ところ:

  • お借りできたのは広々とした部屋だった。区切りがない場所なので着替えやメイク場所、舞台、客席などを明確に決めておくべきだった。
  • 借りる時間は厳守。ハフラは楽しくてついつい長引かせたくなるが、当日のプログラム進行以上に気をつけなければならないし、周知を徹底したほうがよい。
  • 念のため延長に応じてもらえるかをオーナー様に前もって尋ねておくべきだった。
  • 掃除の時間も余裕をもって計算して借りるべきだった。掃除終わるまでがハフラなのだと思った。
  • 備え付けの掃除用具はチェックしたほうがよい。ベリーダンスの衣装は特殊なので、衣装から落ちるゴミや状況に応じた汚れが備え付けの用具では対応しきれないかもしれない。

■たべもの:

  • 今回はケータリングを利用。気を利かせて一緒にゴミ袋を持たせてもらったおかげでゴミは片付けられた。が、ゴミ袋は持参したほうが良い。
  • ゴミの処分方法と、余ったごはんものに関してどう運搬するか決めたほうが片付けがスムーズ。

【もっとも反省すべきはラメ】

  • 持ち込まれた衣装のラメが原因で、お借りしたスタジオにとてもご迷惑をおかけしている。先ほど2回目の掃除を終えたが、未だ完全にぬぐいきれていないので進行形だ。ラメは拭くほど現れる。かなしい。今後はラメ付きの衣装は前もってお断りしたいと思う。

後ほど気づいたことは、小道具などで怪我や室内に破損を生じさせてはならないと。今回偶然そういうことが起こらなかっただけで今後は気をつけたい。