よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

Quartz Composerさわってみた(2)

Quartz Composerを触るにあたり、こちらのサイトを参考にさせていただきました。
どうもありがとうございました!

Quartz Composerによるビジュアルプログラミング演習
Quartz Composer入門及びiTunesビジュアライザ作成)
http://r-dimension.xsrv.jp/classes_j/quartz_composer/

こちらのレクチャーに従って、まずは立方体を作ってみます。
http://r-dimension.xsrv.jp/classes_j/1_3_quartz_composer/

Basic Compositionを選択

f:id:kanariya0922:20130216085005p:plain

Quartz Composerを開くとテンプレートの一覧が表示されますので、一番左のBasic Compositionを選択します。

背景の色を変える

f:id:kanariya0922:20130218155053p:plain

エディタには既に背景の部品となるClearパッチが配置されています。
色を変える場合は、Clearパッチをクリックしてから画面上部のPatch Inspectorを選択するとClearパッチで指定されている色が表示されます。
色部分をクリックするとカラーゲージが現れますので、使いたい色を選択してください。

立方体を作る

Cubeパッチを置きます。レクチャーで使われているQuartz ComposerではPatch Creatorとなっていますが現在のバージョンでは名称が変わったようです。エディタの左上にあるPatch Libraryをクリックしてください。
f:id:kanariya0922:20130218160310p:plain
一番下の検索欄にcubeと入力したらすぐに現れます。
こちらの環境では2種類あるようですが、下の方を選択しました。
ダブルクリックするとエディタにCubeパッチが置かれます。

f:id:kanariya0922:20130218161222p:plain
試しにViewerを見た所、いまのところこんな感じです。
回転の数値を指定していないため、のっぺりした正方形ですね。
せっかくなので、私の画像をはりつけた立方体にしてみようと思います。

画像を貼ってみる

f:id:kanariya0922:20130218161455p:plain
Patch Libraryの入力欄でimageと入力してください。
レクチャーではImage Importerとなっていますが、現時点では"Image"がレクチャーで指定されているパッチに相当するようです。
こちらもダブルクリックしてエディタに置いてください。

画面上部のPatch Inspectorを選択します。
f:id:kanariya0922:20130218162026p:plain
プルダウンメニューでSettingsを選択すると画像の設定ができます。
Import From Fileボタンを押し、表示させたい画像を選択させてください。

ImageパッチとCubeパッチを接続する

f:id:kanariya0922:20130218162608p:plain
エディタに戻り、ImageパッチとCubeパッチのFront Image, Left Image, Right Image, Back Image, Top Image, Bottom Imageをそれぞれドラッグしてつなぎ合わせます。

回転させてみる

f:id:kanariya0922:20130218163008p:plain
CubeパッチをクリックしPatch Inspectorをクリックし、値を変えてみます。
レクチャーに従ってX RotationとY Rotation にそれぞれ 30を入れて、Viewerを見てみましょう。

完成!

f:id:kanariya0922:20130218163314p:plain
立方体ができました!