読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

高校の授業って実はおもしろかったんだな

高校のとき一体何をしていたんだろう?と思い返してみた。友達と他愛もない話をしたり、音楽を聴くのに夢中になったり、環境にもがいてみたり、恋愛にハマったりと、かけがえの無い時間を過ごしてきた。
では勉強は?私にとっての高校の授業とは、受験のための時空間であり、与えられるがまま課題をやり過ごしてきたという印象が強い。

そもそも高等学校って何だろう?
wikipediaで高等学校を調べてみると

学校教育法の第51条に高等学校における教育の目標が規定されている。

1)義務教育として行われる普通教育の成果を更に発展拡充させて、豊かな人間性、創造性及び健やかな身体を養い、国家及び社会の形成者として必要な資質を養うこと。
2)社会において果たさなければならない使命の自覚に基づき、個性に応じて将来の進路を決定させ、一般的な教養を高め、専門的な知識、技術及び技能を習得させること。
3)個性の確立に努めるとともに、社会について、広く深い理解と健全な批判力を養い、社会の発展に寄与する態度を養うこと。

単なる押しつけ(失礼!)ではなく理念があって選び抜かれて作り上げられたのが高校の授業科目なのですね。恥ずかしながら、目からうろこ。
ということで、改めて高等学校学習指導要領を見てみると、高校の教科とは実に意義深いものばかりだと改めて実感した。

高等学校学習指導要領
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/1304427.htm


今私は漠然と知りたいことがあるのだけど、それをすすめるには数学と物理の知識が心もとないのがどうしても嫌だった。
本を読めばなんとかなると思ってたものの、うにゃうにゃしているうちに時間が過ぎてしまったり、ああ言い訳ならいくらでも思いつくところが悲し。

が、こんなすばらしいコンテンツを発見!
NHK高校講座ライブラリー
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/

突然口調が変わりますが、これはとても良いですよ。
NHKの技術がふんだんにもりこまれていてとてもわかりやすいので、ぜひおすすめです。
本を広げなくても映像とPDFで受講できますので、気がついた時にとりかかれるのです。
私も先日やっと数学Iを終えて、今は数IIと物理をやってます。