読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

インターコミュニケーション39号より「ビルの森の中で音楽をつくる」

Nujabesのインタビューが掲載されている「インターコミュニケーション」はNTTから出版されていた雑誌(2008年に休刊)。初台のICCにバックナンバーがあるようなので思い切って早速行ってみた。
インタビューはさらりとした内容だったけど、Nujabesの真面目さとか、その後の活躍を知った上でのその時点で語られた言葉を知ることができて本当に良かった。

インターコミュニケーション39号(2001年11月発売)の特集は「東京ポストデジタル」、Nujabesは渋谷から世界へ音楽を発信する人物として紹介されていた。拠点を渋谷にした理由が内容のメインだった。
自分の店が近い、スタジオに来てもらいやすい、渋谷にはインプットする情報がたくさんありどう取捨選択するかをすぐに捉えられるから、というのが理由だった。

街に人がいない時間帯に一人で車を乗り回すことがある、とあった。夜の東京には木が生えているようにビルが林立している。空気を浄化しているような気がすると書いてあった。
Nujabesは浄化の時間帯...深夜に交通事故でお亡くなりになったのだった。