読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

ひさびさによく飲んだ

お正月に自宅の本棚を整理していたところ、昔に購入したまま放置していたポルトガル語の辞書を発見した。来月ブラジルへ引っ越す友人Aに持っているかどうか訪ねてみたところ、持っていないようなので引き取ってもらえることになった。需要と供給の一致だ、すばらしい。ちゃんとした持ち主ができて、辞書もこれで報われる。よかったよかった。

この辞書を渡す名目で(?)連休最終日に友人Aそして友人Yちゃんと酒を酌み交わした。

友人Aに辞書を手渡したところ、本当に喜んでくれた。そして開いて「まっさらだ、使ってないじゃん!買って満足したの?!」と言った。まさしくその通りで、潔くぶった切られたので気持ちよすぎて思わず笑ってしまった。昔から知っている仲って心地よいなぁ。

プレミアムモルツやシャンパンを相当贅沢に飲みながら(Yちゃんは妊婦だったので制限中)、身の上話で盛り上がったり、先月の友人Aの結婚式、去年の友人Yちゃんの結婚式のDVDを繰り返し見ては、幸せをお裾分けしてもらった。

二人とももともと美人だけど、年齢を重ねてさらに美しさに磨きがかかっていた。かわいらしいだけではない、経験値もしっかり重ねたかっこいいおんなたちだ。表情も立ち振る舞いも凛としてまぶしく、見ているこちらが姿勢を正したくなるほどだった。そして、となりで微笑むパートナーふたりともがその迫力にまったく負けないぐらいのスピーチもエスコートも最高だった。私は彼女たちの友人でいられることを心から誇りに思えた。

友人Aは連日のお別れ会ブームでこの日も迎え酒。後半は飲み疲れてうつらうつらとしていた。「本当によかったあ」と幸せそうな表情をして居眠りをはじめた。とてもかわいらしかった。

Yちゃんは旦那さまが海外に出張中。タイミングよく電話がかかってきて、Yちゃんの安堵した表情を見届けることができてうれしくなった。(この電話に酔った私が乱入してウイスキーがうまいだの京浜東北線がどうのくだをまいてしまった。反省。。。)

もうこんな時間はしばらく過ごせないかもしれないけど、また飲もうね、ね。