よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

雑記

コンピュータで作業するのが好きなのだけど、ここのところコンピュータの前にいると体が眠ろうとする。
前はそうじゃなかった。好きなことをしているから興奮していたのだろう。でも今は違うみたいだ。コンピュータは好きだ。でもコンピュータでの作業が報われない苦痛な時間に感じ始めてる。そして体力や集中力が明らかに落ちていることを痛感している。
コーヒーやエナジードリンクで体を叩き起こそうとしても効かないみたいだ。眠気に逆らおうとすると頭痛やめまいで締め付けられる、なんだか孫悟空のわっかみたいだ。
終業後もこなしていかなくてはならないことが割とあって、先延ばしにすると後でぷよぷよみたいに透明なのがどっさり降ってきて身動きが取れなくなる、睡眠時間が足りず結局翌日に響く。
土日になると睡魔に支配されたかのように眠り倒して、何もできなかった罪悪感とともに月曜を迎える。

一過性のものかと思ってたら気がついたら続いているので、ようかく危機感を持つようになった。これは続くどころか年々、いや日々深刻になる予感がする。
あと20年くらいは生きる予定なので、うまくやる方法を探求しても損はないだろう。できることとできないことを仕分けて、いろいろと見直しをはかろうと思う。

広告を非表示にする

Access Web App : 日付が日本時間ではない件【訂正記事あり】

【訂正記事】
kanariya0922.hatenablog.com


==以下原文
Now()やDate()の結果、そしてビューで日付型のテキストボックスの横に出てくるカレンダーも、うーむ、どうも日本時間ではありません。

※さきほどのキャプチャ。
f:id:kanariya0922:20160116005700p:plain

日本と17時間差があるので、UTC-8 アメリカ西海岸のようです。

Office365の設定、Sharepointの設定をぐるぐる探してみましたが、日本語に設定されています。
現にSharepoint内でニュースフィードに投稿したりファイルをupした日時は日本時間です。

どうもAccess Servicesに関しては勝手が違うようなので、昨日MSに問い合わせてみました。
対応してくださったのは日本語が流暢な中国名の女性でした。
悲しいことに細かい伝達が噛み合わず
(おそらくSharepoint自体の担当でAccess Servicesはあまり詳しくないようで)
で伝えるのに苦心しましたが、何とか伝わった様子。

本日、回答がきました。
Access Servicesはこちらで設定した時間関係なく、Office365のサーバーの時間を返すとのこと。
そうか、私の作ったAccess Web Appは西海岸にあるのか。
とりあえず時間関数に関しては17時間プラスしたらよいか。
と考えてみたものの、
Azureはクラウドですよね、冗長化で西海岸から別なところへ移動したらどうなるんだろう!
急にリージョン変わったら計算狂うじゃないか!
と咄嗟に思いつき、その旨をサポセンのかたに伝えました。通じていれば良いなぁ...回答は月曜日です。

※急にリージョンは変わらないというご連絡をいただきました。

【訂正記事】
kanariya0922.hatenablog.com

新年早々も試験に落ちる

今年もどうぞよろしくお願いします。
(喪中なので新年のご挨拶は遠慮します)

年末年始と慌ただしい合間を縫ってOffice365のMCSA試験の対策をしておりました。本日2つまとめて受験したのですが2つともダメでした。70-346はセカンドショットだったのに…
70-346,347とも使い方の試験ではなく、仕組みや管理を問うものです。
自分の敗因は自分以外のユーザー管理してないので全般的に慣れていない、ADあたりの知識が足りない、とにかく触る時間が足りてないことにあります。
70-347はセカンドショットが残ってますが、仕事始め早々別分野の仕入時間が必要になり、優先順位が下りそうだなぁ…何らかのケジメをつけて、次に進もう。

ホブソンズカフェに寄り道。中庭を眺めながら町屋でゆっくりできました。

Access Web App : ユーザーからのはい/いいえ を受け取りたい

Access Web Appのメッセージボックスはメッセージを表示させてOKのみ受け付けます。
vbYes/vbNoで分岐させたいので自作してみました。ポップアップをメッセージボックスに見立てます。

材料

  • 問いかけメッセージ受け渡し用変数 (以下、global_message)
  • Boolean受け渡し用変数 (以下、global_yesno)
  • UIマクロ
  • 空のビュー

1)

起動時マクロにて

  • global_message
  • global_yesno

を初期化(どちらにもNullを設定)します。

2)

ポップアップ用のカラのビューを作成します。
ビューには

  • 問いかけメッセージ表示用ラベル
  • はいボタン
  • いいえボタン

を追加します。
(※スクリーンショットする際に選択状態になってしまい色がついております。)
f:id:kanariya0922:20151225002501p:plain

3)

このビューの読み込み時には

  • global_message を 2)で作成した 問いかけメッセージ表示用ラベルに値を設定
  • global_yesno は Null で初期化

します。
f:id:kanariya0922:20151225010412j:plain

4)

はいボタンのクリック時にglobal_yesnoにYesを設定し、最後にポップアップを閉じる処理をいれてください。
f:id:kanariya0922:20151225001137j:plain

5)

いいえボタンのクリック時にglobal_yesnoにNoを設定し、最後にポップアップを閉じる処理をいれてください。
f:id:kanariya0922:20151225001138j:plain
これでビューの作業は終わりです。

6)

2)から5)で作成したビューをポップアップとして表示するUIマクロを作成し保存します。
f:id:kanariya0922:20151225001139j:plain

7)

最後に、実行するイベント(今回はボタンクリックで呼び出しています)にて

  1. global_message に表示させたいメッセージを設定
  2. 6)で作成したUIマクロを実行
  3. global_yesnoの判別を処理

f:id:kanariya0922:20151225010438j:plain
ちなみに、はいいいえ以外 ✕をクリックしてポップアップを閉じた場合は上のようにElseで処理を拾えました。

以上です。

Access Web App : ビューの読み込み時に動的に標題を変更したい

f:id:kanariya0922:20151224155734p:plain

Access Web Appはデスクトップのフォームとは違って開くときに引数を設定することができないので、UIマクロで変数を設けて値を受け渡しすることしかできないようですね。
さて、自前の受け渡し変数を利用するとビューの読み込み時イベントで動的に標題を変更することができます。
コントロール名を空白にしてプロパティには標題を選択して値を代入すれば、動的に標題を変更することができます。

3ヶ月AccessWEBアプリに取り組んだ感想

この記事はOffice 365 Advent Calendar 2015 – Adventar
www.adventar.org
に参加しています。

改めまして、かなりやと申します。8年ほどAccess VBAによる業務アプリケーションの開発や保守に携わってきました。

忘れもしない2015年9月29日(イチリュウマンバイテンシャビと朝礼で社長が話していたので)の夕方に、office365に挑戦することになりました。
以前から気になっていたWEBで動くAccessというものを調査することにしました。

最初はAccessをWEBで動かすには?を知りたかったのですが、Office365のページを読んで契約プランの違いがイマイチ理解し難い上にOffice ProPlusが必要だとか, Sharepoint,Yammer,Lyncは名前が変わってSkype for buisinessに云々....................orz
ただAccessをWEBで動かしたいだけなのに、と購入前担当のサポートセンターに半泣き状態で電話したことが今では懐かしく感じます。

サポートセンターのかたに疑問や質問に丁寧に答えていただきその後は少しづつ理解が進みました。会社で相談会に行かせてもらったり、オンラインセミナーを受講したり、本を買ったり、MSのパートナーに登録したり、FacebookTwitterでOffice365情報をフォローしたり、おかげでやっとこ専門用語についていけるようになりました。

しかし、本題のAccessアプリ構築にたどり着くまでにはまだまだ険しい道がありました。
MSのドキュメントサイトを見ながら試作に取り組み始めたのですが、今まで培ったAccessの知識がまったく役に立ってない気がしてなりませんでした。理由は主に以下の4点です。

  1. ビューって?
  2. Access VBAが使えない
  3. SQLが使えない
  4. 情報が少ない

■ビューって?

MVCのViewかと気がつくまでに少し時間がかかりました。Accessでビューと言われるとCreate Viewのほうかと思ってしまいまして...
Accessアプリのビューには、リスト(単票)、データシート(帳票ではなくデータシート)、空白の3種類があります。これまで私が作ってきたのは帳票フォームがメインでしたから、なかなか苦戦しました。

Access VBAが使えない

Access Servicesではサブルーチンやファンクションをゴリゴリ書いて制御することができません。
かわりにデータマクロやUIマクロ、そして部品のイベント(クリックと更新後処理ぐらいしかない)を使って日本語で指令を組み立てる必要があります。コード書けない縛り、こちらも相当苦戦しました。

SQLが使えない

SQLはわりと得意なので結合や入れ子文やサブクエリをガシガシ書いてたのですが...
Accessアプリではクエリデザインしか用意されてません。
VBASQLも使えないのは、まるでマホトーンにかかったような気分でした。

■情報が少ない

Access2013などの書籍はありますが、Accessアプリに関する記述はほんの一部分のようです。
検索エンジンでもAccessのデスクトップアプリの情報のほうがはるかに多いです。
公式ドキュメント Access 2013 カスタム Web アプリ リファレンス を見て悪戦苦闘していましたが、
最近は mukkumuku.blogspot.jp こちらの情報がわかりやすく充実しているので、本当にお世話になっております。

さて、最初はもがいていたAccessアプリですが今ではすっかり慣れ、簡単な自分用のアプリをいくつか作れるようになりました。
コード書きには不便かもしれませんが、自由過ぎないぶん覚えることが少なく済むという利点を見つけました。
なので、コードを書けないかたでもシンプルなWEBアプリができるのではないかと思います。

最近はSharepointアプリにも手を出すようになりました。こちらも慣れるまで最初はジタバタしておりましたが、慣れてくるにつれて楽しくなってきております。来年はVSを使ってAccessアプリと組み合わせて面白いことができるようになりたいと思っています。

ありがとうございました。良いお年を!

リチャージ

今週は親族の葬儀がありました。お別れに泣き、旧交を温めながら笑いあったりと、ご縁あっての数日間でした。
終わってみると相当疲れが溜まっていました。ペース配分を考えずただただ気を張って空回りしていたからでしょう。反省点は尽きないのですが、それをするにも何だか力が出ませんでした。そういう時の身体からの声は聴き応えがあります。
今回はとにかく、眠りたい、温泉へ行きたい、牛肉を食べたいと思いました。でも焼肉はしんどい、ホルモンごめんなさい、しゃぶしゃぶは量を食べなくてはならない、牛丼がっつりはつらい。ずいぶんわがままなものです。

さて、本日は1ヶ月ぶりのベリーダンスのレッスンでした。本来先週も行く予定だったのですが、親戚のことがあってお休みしました。新しくお世話になる先生にはずいぶんご心配をいただき恐縮でした。
今日は行こうか迷っていたのですが行けて本当によかったです。久しぶりにメンバーに会えたし、やはり身体を動かすと気持ちがとてもすっきりします。おかげで大きな収穫もありました。

レッスンの合間に先生が面白いカードを出してきました。

Goddess Guidance Oracle Cards

Goddess Guidance Oracle Cards

東西の女神たちの占いカードだそうです。先生が習っていたスタジオの発表会では当日にこれをひいてその女神のイメージで踊るということもあったそうです。

先生のベールの上に並べられたカードを一枚引いてみると、、、

スリスはケルトの太陽の女神で、水を守っているそう。水のそばに行ってリチャージしましょうと書いてある。やはり温泉行くべき♪と思わず心のなかでガッツポーズをとってしまいました。

レッスンのあとお昼ごはんにSさんをお誘いしたところ、あるお店に連れて行っていただきました。(店の名前を失念...)
ローストビーフ!リクエストしてないのにこの選択は本当にうれしかった...。

帰宅後大満足で存分に昼寝をしました。あとは湯治したらリチャージ完了です。

広告を非表示にする