よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

転職報告

9月下旬に縁あって転職しました。
決断を後押ししてくださった方々にも、快く送り出してくださった方々にも、温かく迎えてくださった方々にも、今でも心から感謝でいっぱいです。
本当にありがたいです。。。

今までの自分の経験を生かすことができればと意気込んでおりましたが、あくまでも新しい環境は新しい環境でした。
ゴミの捨て方から挨拶の仕方から仕事の進め方まで、転職後にレベルはリセットされるのだなぁとつくづく痛感しました。
ダーマ神殿で転職した人たちは神殿から出た後からスッパリ切り替えて戦闘に加わって、ほんとにすごいなぁなんて考えてしまいました。
その一方で、直接携わっていた技術以外での汎用的な知識や、技術とは関係のない経験が想定以上に役に立っていることにも気がつきます。これが経験値とか年の功ってものかなと。

とはいえ、平日があまりに怒涛すぎて土日にやっとこさプライベートな用事に着手という状況が続いていて、各方面にご迷惑をおかけしていています。申し訳ありません。。。
はやいこと軌道に乗せられるよう、善処します。

広告を非表示にする

ファミマのうるめ

やさぐれ作業モードにはファミマのうるめが必要である。
理由は塩分とカルシウムの補給、固形物を噛むことによるストレス解消、そしてハスッパに何かを咥えていたいためである。

先日の会社の席替えで、自分の机が事務所の動線沿いに配置されたため、やさぐれうるめがついに明るみに晒されてしまった。

酒をがまんするために あてで憂さを晴らしていると思われているみたいで、なるほど新たな目的がみつかったと思ったけど、今日でしばらくファミマのうるめはお預けになると思う。

自分の行動が売れ入れてもらえる環境は何てありがたいことだろう。

(補足:ファミマのうるめがしばらくお預けになるのは、行動が受け入れてもらえないからではなく、とうぶんやさぐれることはなさそうだからです。紛らわしい書き方でごめんなさい。)

広告を非表示にする

抜歯後の苦難

去年の秋に上顎の歯茎がひどく腫れ上がったのをきっかけに、歯科の通院を相当久しぶりに再開した。
真摯で優しい医師や衛生士さんたちのおかげで歯科への恐怖感は少しずつ和らいでいき、歯のメンテナンスや治療が進んでいる。

先週の金曜、いよいよ三本目の親知らずの抜歯をしてもらった。
抜歯中、頭の上を物騒な単語が飛び交うので、前日公開されたばかりの岡崎体育のうんぱっぱーのぶんぶんを脳内でシャウトし、がんばって情報を遮断し続けていた。
終了後作業台に目をやると、やるせなく散乱する道具、いくつかに割れた親知らず、赤い色が点在するガーゼ、縫合用の黒い糸の余りが物騒さをさらに物語っていた。
先の二本と比べ物にならないぐらい、痛みをともない相当腫れ上がることを予め告げられていたが、こんなにもつらいものだとは………

恐らく個人差があるだろうけど、痛みで夜中に目が覚め眠れなくなったり、腫れがひどいので鏡を見るたびにおやつのカールのCMソングが脳内再生されたりする。
気休め程度に効いている痛み止めの薬は別のところで作用しているのかと思いたくなるほど気分が朦朧とするし、何よりも食欲が湧かない。

はやく腫れが引かないかなぁ……

広告を非表示にする

DTMに片足をつっこむ


先日、DTMに並々ならぬ興味を持ってしまって、ついに買ってしまった。
アラブのリズムを打ち込んでみたいとか、音の加工がしてみたいとか、ほんの些細な動機ではあるけど、良い機会なので岡崎体育氏がCubaseを買ったお店へ行ってみた。
右も左もわからない状態だったにもかかわらずとても親切に教えていただいたおかけで、すんなりスタートすることができた。

が、この機材ではじめて制作しているのは…自分が作ったささやかなアプリケーションを自分の声で説明するという動画マニュアルだ…。音楽ではなく業務です。自分の悪声と滑舌の悪さに立ち向かうのは、結構な苦行である。

広告を非表示にする

祝:岡崎体育 3Words即興ソング公開!シェルスクリプトとSonicPiで自主練ツール作りたい

岡崎体育チャンネルに 赤坂Britzでの3Words即興ソングが公開され、どきどきわくわく不整脈
www.youtube.com

記念に、3Words即興ソングの自主練ツールが作りたくなった。

最低限満たすべき要件は以下の2つ
1)ランダムな3 words
2)一定のコードを奏でるツール

1) ランダムな3 words

kujirahand.com
こちらの
■単語連想単語検索
から単語リストの上位3つをwgetで取ってくることにした。

wget "http://kujirahand.com/web-tools/words/api.php?m=random" -O - /dev/stdout|grep -o "<b[^>]*>[^<]*<a[^>]*>[^<]*</a></b>"|sed -e 's/<[^>]*>//g'|head -n 3

2)一定のコードを奏でるツール

アーカイブを見ると3Words即興ソングのコード進行はおおかた E♭→B♭→Cm→A♭ のようだ。
なので、これをSonic Piに演奏してもらう。

use_bpm 70
use_synth :sine

define :chord_player do |root, option|
  play chord(root - 12, option), sustain: 3, release:1
  play root - 12, sustain: 4
  4.times do
    play chord(root, option)
    sleep 1
  end
end

live_loop :three_words do
  chord_player :ef4,:major
  chord_player :bf3,:major
  chord_player :c4,:minor
  chord_player :af3,:sus2
end

コマンド叩いて一気に言葉の表示と演奏ができるところまで実装したかったなぁ...

Sonic Pi

幼い頃、シャープのマイコンがそばにあった。
チュートリアル本や完成品をLISTして見よう見まねでコードを書き、それが動作するのが楽しくて楽しくて、というのがコンピュータの原体験。

その中でも、MUSICという命令に文字列を持たせて音を鳴らすのが大好きだった。楽譜を文字列に変えたり、単音しか出ないけど和音を散らして工夫して3和音のファミコンの音楽を夢中になって移植?して鳴らしていたのだった。

さて、最近Sonic Piという、コーディングで演奏できるアプリケーションを知った。
これで遊ぶのが楽しくて楽しくて...

私は楽器全般の技能が中途半端すぎて思い通りに操れるものがないので、演奏することには興味が湧かなかった。コンピュータに音やリズムをお任せして演奏ができることを今更ながら知ったので、楽しくて仕方がない。

もっと早く知っておきたかった気がするけど、「何ごともはじめるのに遅すぎることはない」というお守りの言葉を心の中でくりかえしつつ...

f:id:kanariya0922:20170220234137p:plain

音符はplayとsleepの組み合わせで延々と登場するので、リファクタリングっぽく整理したい気持ちもむくむく湧いてくる。

広告を非表示にする

8分の9拍子

8分の9拍子はロマ系独特のリズムだけでなくトルコの民族舞踊に使われています。
今練習しているのはカルシラマというリズムで、カウントの方法は「1 2 1 2 1 2 1 2 3」です。
f:id:kanariya0922:20170207002306j:plain
ふだん親しんでいる2〜4拍子に比べて刻みや小節の感覚がつかみにくく、ついつい9つ数えたくなり相当苦労しましたが、慣れてしまえばカルシラマの高揚感がくせになってしまいました。







www.youtube.com
さて、こちらは8分の9拍子のフィンガーシンバルのレクチャーで、2種類のリズムが紹介されています。


f:id:kanariya0922:20170207000835j:plain
前半は左右交互に「1 2 1 2 1 2 1 2 3」


f:id:kanariya0922:20170207000833j:plain
後半のリズムにあてている言葉shave and a hair cutは英語では馴染みのあるフレーズのようですが、どうしてもわかりにくかったので自分で言葉をあてました。一体 何がお得で何が3個もついてくるのかは、まぁ適当に...

広告を非表示にする