読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくかんでたべること

そのままのみこまずに、ね。

DTMに片足をつっこむ


先日、DTMに並々ならぬ興味を持ってしまって、ついに買ってしまった。
アラブのリズムを打ち込んでみたいとか、音の加工がしてみたいとか、ほんの些細な動機ではあるけど、良い機会なので岡崎体育氏がCubaseを買ったお店へ行ってみた。
右も左もわからない状態だったにもかかわらずとても親切に教えていただいたおかけで、すんなりスタートすることができた。

が、この機材ではじめて制作しているのは…自分が作ったささやかなアプリケーションを自分の声で説明するという動画マニュアルだ…。音楽ではなく業務です。自分の悪声と滑舌の悪さに立ち向かうのは、結構な苦行である。

祝:岡崎体育 3Words即興ソング公開!シェルスクリプトとSonicPiで自主練ツール作りたい

岡崎体育チャンネルに 赤坂Britzでの3Words即興ソングが公開され、どきどきわくわく不整脈
www.youtube.com

記念に、3Words即興ソングの自主練ツールが作りたくなった。

最低限満たすべき要件は以下の2つ
1)ランダムな3 words
2)一定のコードを奏でるツール

1) ランダムな3 words

kujirahand.com
こちらの
■単語連想単語検索
から単語リストの上位3つをwgetで取ってくることにした。

wget "http://kujirahand.com/web-tools/words/api.php?m=random" -O - /dev/stdout|grep -o "<b[^>]*>[^<]*<a[^>]*>[^<]*</a></b>"|sed -e 's/<[^>]*>//g'|head -n 3

2)一定のコードを奏でるツール

アーカイブを見ると3Words即興ソングのコード進行はおおかた E♭→B♭→Cm→A♭ のようだ。
なので、これをSonic Piに演奏してもらう。

use_bpm 70
use_synth :sine

define :chord_player do |root, option|
  play chord(root - 12, option), sustain: 3, release:1
  play root - 12, sustain: 4
  4.times do
    play chord(root, option)
    sleep 1
  end
end

live_loop :three_words do
  chord_player :ef4,:major
  chord_player :bf3,:major
  chord_player :c4,:minor
  chord_player :af3,:sus2
end

コマンド叩いて一気に言葉の表示と演奏ができるところまで実装したかったなぁ...

Sonic Pi

幼い頃、シャープのマイコンがそばにあった。
チュートリアル本や完成品をLISTして見よう見まねでコードを書き、それが動作するのが楽しくて楽しくて、というのがコンピュータの原体験。

その中でも、MUSICという命令に文字列を持たせて音を鳴らすのが大好きだった。楽譜を文字列に変えたり、単音しか出ないけど和音を散らして工夫して3和音のファミコンの音楽を夢中になって移植?して鳴らしていたのだった。

さて、最近Sonic Piという、コーディングで演奏できるアプリケーションを知った。
これで遊ぶのが楽しくて楽しくて...

私は楽器全般の技能が中途半端すぎて思い通りに操れるものがないので、演奏することには興味が湧かなかった。コンピュータに音やリズムをお任せして演奏ができることを今更ながら知ったので、楽しくて仕方がない。

もっと早く知っておきたかった気がするけど、「何ごともはじめるのに遅すぎることはない」というお守りの言葉を心の中でくりかえしつつ...

f:id:kanariya0922:20170220234137p:plain

音符はplayとsleepの組み合わせで延々と登場するので、リファクタリングっぽく整理したい気持ちもむくむく湧いてくる。

広告を非表示にする

8分の9拍子

8分の9拍子はロマ系独特のリズムだけでなくトルコの民族舞踊に使われています。
今練習しているのはカルシラマというリズムで、カウントの方法は「1 2 1 2 1 2 1 2 3」です。
f:id:kanariya0922:20170207002306j:plain
ふだん親しんでいる2〜4拍子に比べて刻みや小節の感覚がつかみにくく、ついつい9つ数えたくなり相当苦労しましたが、慣れてしまえばカルシラマの高揚感がくせになってしまいました。







www.youtube.com
さて、こちらは8分の9拍子のフィンガーシンバルのレクチャーで、2種類のリズムが紹介されています。


f:id:kanariya0922:20170207000835j:plain
前半は左右交互に「1 2 1 2 1 2 1 2 3」


f:id:kanariya0922:20170207000833j:plain
後半のリズムにあてている言葉shave and a hair cutは英語では馴染みのあるフレーズのようですが、どうしてもわかりにくかったので自分で言葉をあてました。一体 何がお得で何が3個もついてくるのかは、まぁ適当に...

広告を非表示にする

お気に入りの動画

今日はこれで2回目の投稿です。息抜きということで。

今度のハフラではターキッシュ・ロマのリズムの曲を踊ることにしました。
自分の中の、激しい気持ちやぬぐい去れない怨念を昇華させたいと先生に相談したところ、ターキッシュはどう?とアドバイスをいただきました。
先生のレクチャーに従いながらやってみたらとても相性が良かったので、大喜びで練習をしています。

さて、カルシラマという9/8(8分の9拍子)の動画を探っていくうちに、トルコのHasan GürsaçというDJを知りました。
息を吹きかけるシンセサイザーを演奏するのがかっこいい。

www.youtube.com
こちらの動画が最近とても気に入っています。

Hasan Gürsaç氏についてもっと知りたいのですが、ホームページがみつからずあまり情報が収集できません...

広告を非表示にする

雑記

年末を乗り切るために、ずっと欲しかった本を買いました。

ポルトガルのごはんとおつまみ

ポルトガルのごはんとおつまみ

少し時間があけば読み...を繰り返してちょこちょこ読み進めています。すっかり心を奪われているので、おせち料理に申し訳ないほどです。
そして来年はポルトガル料理を食べるという目標ができました。

ポルトガルと言えば、Madredeusの歌が思い浮かびます。

O Pastor

O Pastor

昔々に車のCMで流れていた曲です。
CDは持っているものiTunesで取り込んでいないほどしばらく聴いていませんでしたが、年齢を重ねたせいでしょうか...心に染み入ってしまいまして、しみじみしながら何度も何度も聴き直しています。

さて、来年はどんな年になるでしょうか。

広告を非表示にする

白水社のニューエクスプレスを愛でる話

この記事は外国語学習 Advent Calendar 2016年12月23日の記事です。
外国語学習 Advent Calendar 2016 - Adventar

こんにちは、kanariyaと申します。
少し自己紹介させていただきますね。

ふだんはIT小間使いとしてパソコンでの細々とした作業を担当しております。
趣味は、世界じゅうの音楽を聴き、おいしいものを探し、衣装や舞踊や建造物を見ることです。

インターネットのおかげでYoutubeで現地の音が聴けるようになったり、cookpadなどで現地のレシピを知ることができてその幸せをかみしめています。あわよくばその国の言葉で調べられたらなぁと思うこともあります。

外国語といえば何かと英語が立ちはだかってきがちですが、英語力の向上に時間を費やすよりもできるだけ多くの言葉をつまみ食いしたいので、薄くて持ち歩きやすく音声もついてくる白水社のニューエクスプレスが大好きです。

興味のあるテーマに出会ったらその国のニューエクスプレスを買い、キリの良いところでその国の料理を食べることにしています。

https://www.instagram.com/p/BN1kal-gsvL/
Instagram
最近食べたのはロシア料理でした。

でも、買った本すべてやり抜いてはいません...もちろん完璧にマスターした訳でもありません...睡眠薬がわりに聴いていることもしばしばありますし、会話の内容につっこみを入れることが目的にすりかわってしまっています...

そんな調子で何冊かたまってしまったので、感想をまとめたいと思います。

ニューエクスプレス アラビア語

ニューエクスプレス アラビア語

今年の夏はアラビア語にひたっており、こちらには大変お世話になりました。この本がなかったら確実に挫折していたと思います。
アラビア語の文法は独特なので、ニューエクスプレスのボリュームに収まりきれないようです。他に文法の本の助けが必要かもしれません。
主人公はしっかり者でアクティブな日本人女性ですが、突然パスポートをなくしたのは意外でした。とは言え学習者にとっては大切な例文ですから、そうならざるを得なかったのかなぁ。

ニューエクスプレス エスペラント語

ニューエクスプレス エスペラント語

世界共通語をめざして誕生した人造語エスペラント、最近よく開いています。
見たまま読めて規則がきちんとしていてとても効率が良い言葉だと感動しました。
んでもって、この本の会話文ですが、ウイットに富んだブラックジョーク(?)が少なくありません...(^^;;

ニューエクスプレス ロシア語

ニューエクスプレス ロシア語

こちら、うわさには聞いていましたが、会話文の内容が独特というかユニークというか...主人公はつかみどころがない不思議な日本人の若者です。外国語教材にありがちなさわかやさや積極的さが見当たりません。ほんのり恋愛要素あり、噂話あり。
アルファベットが東へ伝わる時点でどうしてこうなる...とロシア語のキリル文字に最初は呆然としましたが、わかりやすい解説のおかげで最後まで通すことができました。ニューエクスプレスの中で一番好きな本になりました。

ニューエクスプレス 中国語

ニューエクスプレス 中国語

内容もわかりやすく、会話文はそのまま使えるものばかりでした。
主人公は日本人女性。ずっとお世話してくれた男性がいたのに、最後の見送りはなぜ彼のお父さん...そもそも彼女が中国へ来たきっかけはお父さん同士知り合いだったからのようだけど...学校休めなかったのだろうか。

ニューエクスプレス スペイン語

ニューエクスプレス スペイン語

著者の福嶌先生はNHKテレビ講座で見た時はアミーゴ!な感じでとても陽気だったので内容もさぞかし...と思いきや、この教材は終始硬派なビジネススペイン語です。

ニューエクスプレス タイ語

ニューエクスプレス タイ語

タイ語は挫折しました。声調も母音子音も文字も違いが認識しにくい。。。いつかは乗り越えたい壁です。
が、この教材の会話文には釘付けでした。主人公の日本人女性はタイで若者に出会うのですが...私が斜に構えすぎなのでしょうか、彼女は駆け引きに長けているように思えるんです。最終話は帰国による別れではなく、ふたりが普通にお酒を飲んでいるんですが、語りが五木寛之の小説に出てくる年上の女性っぽく感じます...

ニューエクスプレス韓国語

ニューエクスプレス韓国語

韓流好きのニーズをしっかり踏まえたような内容です。恋愛要素強め。ペヨンジュン氏へのファンレターの例文もあります。
昔私も冬ソナにどっぷりはまっていましたよ...その時にこの本があったらファンレター出していたと思います。

ニューエクスプレス トルコ語

ニューエクスプレス トルコ語

ロシア語の次に好きな本です。イラストの力が大きく働いているかもしれませんが(相手役のトルコ人がなかなかのイケメン)、少なめな会話文もなんだか妄想を掻き立てるのです。ラスト3回がなんだか切なくて...。
著者の先生によるトルコ語の検定があるようで、出題範囲はこの本だそうです。
toruko5168.exblog.jp

そろそろこのへんにしておきます。